海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキング


2017年8月の海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキングです。


海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキング年会費無料の海外旅行傷害保険付帯クレジットカードを作ろうと思っても、いまでは10枚近くのクレジットカードが発行されていますので、どのカードを作ろうか迷うこともあると思います。


そこでここでは年会費無料(条件付も含む)で海外旅行保険が付帯している8枚のクレジットカードの中で、当サイトで申込み数が多い、人気の海外旅行保険付帯クレジットカードをランキング付けしていますので参考にしてください。


もちろん海外旅行傷害保険の補償額は、死亡・後遺障害を除いて合算されて補償を受けることが出来るので、一般(年会費無料)のクレジットカードであれば最低でも2枚ほど作っておけば安心して海外旅行を楽しむことができると思いますよ。


 海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキング!



1位 JCB EITカード up


年会費と海外旅行傷害保険の補償額
年会費 永年無料
付帯条件 自動付帯
傷害による死亡・後遺障害 2,000万円
傷害、疾病による治療費用 200万円
携行品損害 20万円(自己負担額:3,000円)
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
提携カードブランド JCBカード


JCB EITカードは条件なしに年会費が永年無料で、海外旅行保険もカードを利用しなくても持ってるだけでOKの自動付帯、またJCB EITカードで購入した商品が盗難、破損などにあった場合、年間最高100万円(1事故に付き自己負担額1万円)まで補償されるショッピングガードも付いている、海外旅行に行く場合は必ず持っていきたい1枚です。


・詳細、申込みはJCB EITカード






2位 楽天カード down


年会費・付帯条件・海外旅行保険の補償額
年会費 永年無料
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害、疾病による治療費用 200万円
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
国際ブランド VISAカード  マスターカード  JCBカード


楽天カードの海外旅行保険楽天カードの海外旅行傷害保険は利用付帯(旅行費用の一部を出国前に支払う事が条件)となっていますが、保障額は年会費無料の海外旅行保険付帯クレジットカードの中でもTOPクラスとなっており、また国内最大のショッピングモール"楽天市場"で楽天カードを利用すれば通常の2倍のポイントが貯まりますので、人気の1枚となっています。


・詳細、申込みは楽天カード






3位 オリコiB(iD×QUICPay) stay


年会費・付帯条件・海外旅行保険の補償額
年会費 1,250円+消費税
(年1回の利用で無料)
付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害、疾病による治療費用 200万円
携行品損害 20万円(自己負担額3,000円)
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
国際ブランド VISAカード



オリコiB(iD×QUICPay)の海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、年会費は1,250円+消費税(初年度無料)となっていますが、年1回でもカードを使えば、次年度も年会費が無料となっています。


また国内旅行傷害保険が利用付帯(死亡・後遺障害:1,000万円)、iD×QUICPay(クイックペイ)の2つの電子マネーを搭載しているなど、使い勝手の良い1枚となっています。


・詳細、申込みはオリコiB(iD×QUICPay)




年会費無料&海外旅行保険が自動付帯

JCB EITカードは年会費永年無料で最高2千万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。さらにショッピングガード保険も付帯しているので海外旅行には欠かせない1枚です♪



Copyright © 2008-2017 海外旅行保険付クレジットカードランキング. All rights reserved